読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみかき勘定

読んだり見たり行ったり来たりしたことを綴ります

【読書】思いもよらぬ知恵を授かる|創造の方法学

かきかき よみよみ

まちづくりの狂犬、木下斉さんが「今ならKindleでやすいですよー」とご紹介されていてつい書籍を購入した1冊(本末転倒)

 

実際、どういったジャンルの本かは全然知らずにアマゾンのレビュー読んで購入決めてしまいました。ほら、アマゾンのサービスが開始される前に刊行されている本なら「瞬間1位」キャンペーンとかないし。

 

著者は戦中に大学で学び、戦後に社会運動の活動に関わった上でスタンフォードへ留学したという、当時でも「亜流」な流れの学者さんのようで、日本では当時確立していなかった方法論を学び、日本に持ち帰った第一人者。

 

本の中で気になった部分を幾つか紹介します。

 

日本とアメリカとの、大学・レポートの違い

冒頭の部分なので、本文の内容につながるイントロダクションですが、日本とアメリカの大学で学習意欲の違いとレポートの充実度の違いが書かれています。

アメリカの大学ではいつでもどこでも学生が読書している、レポートの書き方が「記録的」なのが「方法論」なのかの違いがある、というところが35年も経過していても差が縮まらないところになんだか深い闇を感じました。

 

「原因」→「結果」が立証されたら、「結果」が「原因」となる

文章の中に何回か繰り返し3つの手順が表現されていますが

(1)変数を確定し

(2)因果関係を明らかにし

(3)複数の事例を比較する

という方法で抽象を具現化する、「見えていない」ものを「見える化」することで量や室を測りそこから方法論を立証させるというもの。

 

哲学にしても社会科学にしても、文章だけでは伝わりにくいものを量的・質的に表すことで「事実」が見えてくる、ただ、そこに調査し分析する人間の「意図」がある場合もあると思うので、そこは内容と導入、結果についての洞察がいるんだろうなー、と思ってしまうのです。

 

とは言え「それ」と「それ以外」といった概念があり、それぞれを具象化することで見えてくる事実もたくさんあるということを改めて学んだのでした。

 

途中、理解が進まず繰り返し読み直した部分もありますが、全体的にとてもわかりやすく、新書の厚さなのでさらりと読み切れます。社会科学関係受講されてて、これからレポート書く学生さんにはいい参考図書になると思います。ご興味沸かれたかたはぜひ。

 

創造の方法学 (講談社現代新書)

創造の方法学 (講談社現代新書)

 

 

【読書】ビットコインておいしいの?って思って買った | フィンテック

かきかき よみよみ

ブロックチェーン熱い!

って数年目にはしていたんですが全く意味がわからず、また周辺でブロックチェーンのネットワークビジネスまで発生しており(笑)君子危うきに近づかず、で避けて通っていた仮想通貨とネット金融。

 よく考えたらインターネットバンキング多用するようになり、カード決済でほぼ済ませるようになって来ていたので、そろそろちゃんと基礎を理解しておかないと、と思って平易な入門本を選んで読んでみました。

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)

 

 「上司や社長に「お前、ブロックチェーンって知ってる?」って言われたときに説明できる内容を記してあります」としてあるとおり、フィンテックと言われるインターネットを利用した金融改革の歴史から現在使われている技術、その背景にあるイノベーションのジレンマディープラーニングによる解析まで書かれており、最近人気のロボットアドバイザーによる投資管理のメリットデメリットも記載されていました。

 

私自身もインターネットによる金融の恩恵にはあやかっているものの、全然使いこなせていない状態ですが、この本にかかれているアグリゲーション(Money FowordやManey Treeに代表される一括口座管理)は本当に便利だし、これらが活用されることでもっと世の中で動くお金が銀行に支配されるものではなくなるんじゃないかと期待しています。

 

ただ、これらはインターネットという、いちおう性善説が働く共同プラットホームで窓口や政府が健全に動いている、という「集団の希望」に即して動いているだけなので、AIの暴走とか、ネットの混乱が発生したときにはどうなるものかと不安になりますが、結局その先にいるのは人なので、破綻するなら、それはときはその時ってことなのかなあと。んじゃ不安抱えてても同じだな。

 

フィンテックとは関係ないけども、お金と銀行に関しては、ミヒャエル・エンデの著書「エンデの遺言」をぜひご一読頂きたいです。

エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社+α文庫)

エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社+α文庫)

 

 

【読書】雇用形態のUX化 | ALLIANCE 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

よみよみ かきかき

「自社の購読必須図書として使用している」という企業CEOさんの発言をFacebookで見つけ、早速読んでみました。

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

 

第一刷が2015年7月で、アメリカで発行されたあとに日本語訳として出版されていると考えると約二年ほど経過しているものなので、現在の時流から外れる部分もあるのかも〜なんて考えつつ、

・会社と個人との「パートナーシップ」という形が日本の雇用形態に馴染むんだろうか

・終身雇用制がまだまだ浸透している(特に大企業)日本でどれだけ受け入れられる内容なんだろうか

という疑問点が解消できるかどうかをテーマに読み進めました。

 

当初、パートナーシップとして企業と個人をつなぐ考え方の内容かと思いきや、企業の組織を生成するための形態、「ローテーション型」「変革型」「基盤型」がそれぞれ存在し、それぞれの成長に合わせてポジションを確保していく、という考え方で、どちらかというと企業主導の内容でした。

 

かと言って利益追従ということではなく、企業が個人の能力を最大限に発揮してもらうプラットホームを作り、その個人が卒業しても、企業とのつながりを大事に次の職に展開していってもらうというもの。緩やかなつながりを保ち、それぞれが社会に出て利用できる価値をお互いに保持する、という関係を保つというものでした。

 

成長過程にある企業は企業理念を貫く、会社の利害と個人の利害が全く一致し、人生が企業ミッションであるCEOとは別に、金額で動くスタッフがいるわけです。

そのスタッフに、企業から与えられた仕事を通じて成長し、言い方は悪いのですが、生涯企業の良きパートナーとして存在してもらう、「別れても友達関係の元夫婦」みたいな存在であれ、というのがこの本の趣旨でした。

 

ちょっと思っていた内容とは違いましたが、そういった金額で動くスタッフとのリレーションシップをどのように築くか、幹部候補になってもらうためにどのようなストーリーを描くか、という内容が書かれていたので、組織づくりに悩むスタートアップ企業さんは一読の価値ありかも。

 

そうやって緩やかに、フラットにつながっていく「垂直統制から、水平協業へ」という価値を提供するという本がもう一冊。

こちらも企業や働き方、を考える際にお客に立つんじゃないかと。良ければ合わせてお読みください。 

 

【読書】話題のマーケティング本|USJを劇的に変えた、たった一つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門(森岡毅)

 やっと読みました。

 もう1冊のこちらも読み途中なので

それより先にでたこちらの1冊を読んでおきたかったのでした。

確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

 

 

本の中から抜粋で、いろいろ心に引っかかったことをメモメモ。

集客が減るので不祥事が発生する

よく「悪口・陰口・噂話が出るのは暇な証拠」と口にするのですが、これも同様、業績が悪くなると、スタッフの心情が悪くなる、全体の雰囲気が悪くなって不祥事が発生していくという、風が吹けば桶屋が儲かるよりもわかりやすい連鎖です。

じゃあどうすればいいか、といえば、儲かっていそがしく、みんな楽しく働けるようになればいいんです。

 

「どう戦うか」でなく「どこで戦うか」

USJが単月でオリエンタルランドに売上が勝った時があり、それについて書かれていました。ただ単に、力技でイベントや集客をがむしゃらにやったわけではなく、「オリエンタルランドに勝つ」ための戦略、戦術を考え抜いて実績を作り上げています。まずオリエンタルランドに「勝つ」という目的があり、そこから目標値をどこに定めるか、というところから設計されていたことが、本文から読み取れます。

プライシング

価格を決めるのは市場、カスタマーであるという点。製品を作るときは原価などから金額を設定するけれども、それって適正な価格かどうか、日本だけでなく世界で比較したときにその金額が払われていないのはなぜなのか。カスタマーも、適正な価格を知るために、調整していくことは必要、ということも書かれていました。

実際、これだけデフレが進むと「安くて当たり前」「ただで当たり前」になってしまいがち。でも経済システムの中で生きていくにはきちんとした対価を得ることは大事なのでそこを忘れないよーに。

 

消費者視点の変更

日本では「お客様は神様」ですが、アメリカでは「Custmer is Boss」。表現が違うとこんなに印象が違うものなんですね。神様は何をなさるかわからない存在なので、上へ上へとおもてなしする相手であるのに対して、Bossはともに先をみて、Bossの望むものを提供する関係。神様は全てを持っているので、すべてを提供しなければいけないという印象がありますが、部下であればBossの望むもの、期待するものがわかるはず。そうすると、自ずとお客さんとの距離や関係性の視点が変わってくる気がします。

 

WHO+WHAT+HOWがうまく重なり完成すると大爆発が起こる

マーケティングフレームワークでいうと

目的:(Objctive)達成すべき目的は?

目標:(WHO)誰に売るのか?

戦略:(WHAT)何を売るのか?

戦術:(HOW)どうやって売るのか?

この<WHO+WHAT+HOW>が重なると大爆発が起こる、とのこと。それはUSJの現在を見れば日を見るより明らかです。

戦術を作るために戦略を作り、戦略を作るための目標があり、目標を作るための目的がある、という当然なストーリーですが、実際にはこれが色々なしがらみを減ることでできていない場合が多いのではと思います。

 

 もともとP&Gでずっとマーケターをされてきた方、グローバルに活躍されてきたと思いますが、個人的にはBtoCの世界って単価が低くカスタマーを多く抱えないといけないので、行動心理学とか社会心理学が動く、個々を動かすってちょっとむずかしい気がしていたのです。大変そうだなー、と。

とはいえ会社もBtoBとはいえ、スタッフも、担当者も人間なので、そこの調整だったり感情の動きだったりは必ず発生するわけで、そういうのめんどくせえなあ含んでも仕事だとは思っても思わぬことが発生したりとか、少人数でもガチャガチャしたりするのってなぜなんだぜ、というのはずっとあって、「不祥事が起きる」のは他でもない、自社内の整理整頓ができてないってことでもあるんですよね。掃除しろ掃除。

  

結論

読んだらマーケターに成れそうな気がする1冊。です。

 

現在営業だったりWEB担当だったりする方は、仕事の進め方考え方などとてもいいヒントになるものがたくさんあるので、気になる方はぜひご一読ください!

 

【読書】レジリエンスとは何か|枝廣淳子

かきかき よみよみ ぶつぶつ

作者の枝廣淳子さんは「朝2時起きで何でもできる!」で20代の頃読んだことのある方。在職中に通信で大学に行き始めていたので、どうやって時間をつくろうかと考えていたときに見つけて、見習って実践してました。

4年制大学だったので課題もレポートもボリュームが多くて、仕事自体はそんなにしんどくなかったけどそれでも時間が足りなくて。21:00就寝、2:00起き、深夜の静かな時間帯に勉強して6:00-7:00仮眠して又会社に行く、ってしてました。彼氏と旅行に行っても、ロビーでその時間一人だけ起きて勉強したり…懐かしいなあ。

 

今回はたまたま「レジリエンス」という単語をそこかしこで見かけるようになったので、手に取ったらその枝廣さんだったのでした。

 

 んで、

 

レジリエンスとは何か。

 

「しなやかに生き延びる力」

 

と思いました。ほんと単純に。

 

この本自体はサンゴの生態からアメリカとキューバでのハリケーン来襲の際の対策、震災が起こったときからオーストラリアにおける子育て、心の育て方までいろいろなパターンの「レジリエンスの作り方」と「その実例」が書かれていて、まるでムックのよう。

その中でも私たちが生死に関わる事象や生存を脅かす事例が発生した際、どのように対処して生き延びていくのかを考えるとどのようなことが必要なのか、どのように組織を作っていけばいいのかなどが書いてあります。

なので、今自治体だったり社内で緊急時対策を立てる委員会にいるとか、町内会での防災訓練考えなきゃいけないとか言う人はモチロンのこと、お子さんの教育に迷ってる方、自分の心が迷ってる方はちょっと目を通してみてもいいかも。

 

ただし、先ほど申し上げたとおりムックなので、自分に必要なところを探し出して読まれた方が近道かも知れません。

 

並行して読んでいた「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?」にちょうど<学習性無気力>のひとことが出てきたばかりでリンクしたので、一気に読めてしまいました。

 

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

 

 

 「レジリエンスとは何か」。

自分が何を目標とし、生きていこうとしているのか。

それに対し、正しいアプローチができているのかどうか、ちょっと振り返って時間をかけて考えてみたくなる1冊でした。

【読書】自分の半径5mから日本の未来と働き方を考えてみよう会議|出口治明・島澤諭

よみよみ かきかき

久しぶりにライフネット生命CEO、出口さんのご本です。内閣府の経済社会総合研究所、財務省財務総合政策研究所の客員研究員を兼務される元官僚の方との対談ということで、ものすごい難しい内容だったらどうしようとどきどきしながら開きましたが、対談形式でものすごくわかりやすく現代の問題に対して解答をされている内容です。

年金や少子化問題、高齢化問題についても言及されていて、深いけれども優しい言葉で答えられています。1時間くらいで一気に読んでしまったけれど、それくらいのめり込める内容。

 

自分の半径5mから日本の未来と働き方を考えてみよう会議 (SB新書)

自分の半径5mから日本の未来と働き方を考えてみよう会議 (SB新書)

 

 

このご本のあとがきにもありますが、島澤さんが出口会長にどうしても答えてもらいたかった内容は2つ。

 

(1)日本の諸問題(少子化、高齢化、社会保障・財政の持続可能性、痴呆の持続可能性、労働力不足、世代間格差)についてはすでにエビデンスに基づいた処方箋があるのに実行されないのはなぜか。先送りにされる原因は。

 

(2)先行きが不透明な時代には必ず宗教への回帰があったのに、なぜ現代の日本ではそれが見られないのか。

 

という、現在の日本国民が持っているであろう疑問そのもの。

こちらも本書の中で、明瞭明確に出口さんがお答えくださってます。ので気になる方はまず読んでください。

 

「数字・ファクト・ロジック」で考える、というのは出口会長がどこの場でも口にされるお言葉ですが、その考え方をするとこういう答えが出るのかー!と具体的事例を見せていただいた感じ。

 

とりあえず、自分の半径5mを少しずつ変えていきながら、2年、5年くらいたった後にも読んでみたい1冊です。

 

 

【読書】女子学生さんが読むといいと思う|Sheという生き方

 R40になって気がつく「自分の価値観の持ち方」

図書館で何気なく、気晴らしの1冊として手に取りました。R40(アラウンド40)、2050年には日本の人口で一番多い世代になると言われている、団塊ジュニアの女性たちです。

 

帯には「女は考えなければ幸せになれない!」という言葉入りで、肩に力が入っている内容なイメージだったのですが、著者の嶋守さんが女子大教授ということもあり、これから卒業する学生に向けたエールといった、優しい(易しい)、柔らかい内容の1冊でした。

 

Sheという生き方

Sheという生き方

 

 

内容は3部構成になっています。

・海外で大学を卒業、就職し、現役キャリアウーマンとして結婚しているが子供がいないR40 

ダウン症の子供を育てているR40の子供との半生

・39歳から不妊治療を始めたR40

 

人生のは色々ですし、絵に描いたような順風満帆な大学卒業、恋愛、結婚、出産、職場復帰のセオリーを踏んでる人なんてそうそういません。かくいう自分も40歳超えてまで独身で転職してまで仕事続けてるなんて20代のOLの時には想像もしなかったし。だからこそ、自分で「何が幸せかを考えて」「自ら掴みに行く」のが大切、という内容を説いています。

特に私たちR40世代は女子をこじらせるどころか「自己実現できなかった」人生をこじらせている母との関係もこじらせ、同世代の仲間が多い代わりに敵も多いという暗く狭い道をどうにかくぐり抜けてきたロスジェネ世代。母や父、また職場でも認められずに自己評価の低い、素晴らしいキャリアの女性も散見される世代でもあり、仕事を続けてキャリアを勝ち取れたとしてもそうでなくても、結婚できたできないでも、「勝ち組」「負け組」なんてギャップが生じる世代です。

男女雇用機会均等法が生まれてからもまだまだ男性社会なまま。結局経済の舵取りをしているのは男性だし、その男性社会の中で組み込まれて仕事をしてきた私たちにとっては今の大卒就職組の女性は羨ましいくらい眩しいばかり。

 

だからこそ、納得できる「自分の幸せ」をわがままなくらい追求してほしい。

 

みんな自分ごとだけど、人に舵取り任せちゃうとそこで不満も不信も生まれるよね。自分の人生なので、できるだけ自分で自分の舵取りができるように先を見据えていきたいです。

 

なんか昨日の読書感想文に繋がる内容になってきたな。

yomikaki.hateblo.jp