読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみかき勘定

読んだり見たり行ったり来たりしたことを綴ります

【読書】少年老い易く学成り難し。 人生を面白くする 本物の教養|出口治明

出る本出る本が話題になる、ライフネット生命CEO出口会長。

そして出る本出る本ほとんど手を出しています。

もうね、一度会うとファンになっちゃうほどの好々爺なの、会長

あんな飄々と生きていくにはどうしたらいいのかその方法が知りたくて新刊もついつい本屋さんで購入。

『人生を面白くする 本物の教養』 

・教養とは何か?

・日本のリーダー層は勉強が足りない

・本を読む

・人に会う

・旅に出る

・教養としての時事問題

・英語はあなたの人生を変える

・ 自分の頭で考える生き方

 

など、常に出口会長が出会う人に語る内容そのままですが、それぞれにお話に聞けなかったエピソードなどを交えて書かれていて、一つ一つ読みやすい言葉や文章で書かれていますが、腹に落ちる内容です。

 

とはいえ、四十路を迎えた自分には耳が痛い言葉もたくさん。

「「今更もう遅い」はサボるための言い訳」

「英語を勉強するならTOEFLを狙え」

「仕事とはあえていえば「どうでもいいもの」」

…本当にね、その通りなのです。この年になって気が付いた、というか。

中学生のころに国語の教科書に掲載されていた井上靖の「しろばんば」に出てくる、「少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず」という手習いを見て少年が今すぐ家に帰って勉強したくなった、そんな気持ちを今激しく感じています。

 

新書で本も厚くはないので、気になったらさっさと手に取って読んで教養を付けるといいと思いますよ。いやマジで。

 

リクナビネクストの「プロ論。」でも出口さんらしいインタビューが掲載されてますので、よかったら併せてご覧ください。

next.rikunabi.com