よみかき勘定

読んだり見たり行ったり来たりしたことを綴ります

【読書】5円の価値|ビジネスマンのための「行動観察」入門

ども、落ちこぼれMBA生です。 私が通うMBAの学校は都市部にある関係もあるせいか、一部上場企業にお勤めの方ばっかりなんで10人もいないような零細企業にばかり勤めてた上に現在無職の自分にとって本当に肩身狭いんですが、そんな優秀な方々が企業や経営に向…

【CSR】CSR 企業価値をどう高めるか|企業の社会的責任について

どうも。落ちこぼれMBA生(就活中)です。 面接行った先で予想していた以上に自分の人材としての価値の無さを思い知らされ翌日べっこり凹んで起き上がれないというなかなか近年ない経験をしました。こうしてみんな「働いたら負け」だと思っていくんだな...MB…

【読書】ユニクロ横田氏ルポ2題:「ユニクロ帝国の光と影」「ユニクロ潜入1年」

なんか放置してたらブクマのスターの影響か訪問いただいている方が多いようで。すみませんすみません。無職落ちこぼれMBA生です。学校以外にやることないのに勉強が進まないのはなぜだ(ただ単にやる気ないだけ) 学校の課題でユニクロさんのお題が出てたの…

【読書】ジョブの読み込み違いで幸せになる社会|ジョブ理論

「Job to be done」で話題のあの1冊です。 ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション) 作者: クレイトン M クリステンセン,…

【リンク】ハタチの姪っ子に教えたい|京大ナンバーワン教官が教える「勉強することのホント」の意味(現代ビジネス編集部)

どうも、落ちこぼれMBA生です。後期も1単位落としてました。くそう。 単位落とした原因はレポートの不完全だったので全く自覚の上ですが、二年目は学習をもっと味わいながら過ごしたいなあと思います。とはいえ卒論がやってくる・・・で、私の落ちぼれ話は…

【読書】負けないための戦略|自衛隊元最高幹部が教える経営学では学べない戦略の本質

ども、落ちこぼれMBA生です。 経営に付いて学んでいるので、だいたい講義のタイトルには「〜戦略」やら「〇〇のための戦略」やらと付いているわけなんですけども、「戦略」ってもともと戦争にどうやって勝つかっていう軍事用語だったわけで。 本当の軍事のプ…

【読書】歴史は繰り返さない|暴政

どうも、落ちこぼれMBA生です。 後記授業もやっと終わり、読書の時間が取れるようになってきたので本屋で立ち読みなんぞもしています。好きな本が適当にそれぞれ手にとって読めるなんてなんて極楽。 やっと読めた1冊「暴政」(ティモシー・スナイダー) 暴…

【読書】中曽根さんがなんですごかったのかがわかる。|池上彰が世界の知性に聞く どうなっている日本の経済、世界の危機

ども。経済学知識ゼロの落ちこぼれMBA生です。 少しでも経済の知識をつけようとば頑張ってるふりをするので精一杯ですが、そんな虎の皮の1冊。 池上彰が世界の知性に聞く どうなっている日本経済、世界の危機 (文春e-book) 作者: 池上彰 出版社/メーカー: …

【読書】まだまだ続く脳の旅。|「脳は何気に不公平」池谷裕二

ども。おちこぼれMBA生です。 9月半ばまで夏休みなので、この期間は自分の基礎能力のなさを補強すべく読書に励んでおります(という逃避行動の言い訳) そんなわけで、このところ中野信子氏の次に何冊か手に取ってる池谷裕二氏の1冊。 脳はなにげに不公平 …

【読書】とりあえず勝ち組に上がりたい。|自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 ブライアン・R・リトル

どうも、負け犬MBA生です。 先日の中野信子先生の著書の内容から、どうしても負け犬感が抜け出せないで困っておりまして。高卒就職、彼氏エホバで結婚諦め、ド級ブラック転職、そこから安定した給料で勤務先見つけられたと思ったらDVによる夜逃げ、社長の起…

【教育】ブラック産業の公立学校に採用したらいーのに | An Alternative Education for Future Generation

ちょっと前になりますが、WIREDの記事です。 wired.jp 地方によるとは思いますが、今や公立学校は「質が悪くて行かせたくない」場所のようで、周りでもお受験してるご家庭を散見します。 教育は次の世代を担う子どもたちを作る場所なので、ほんとは医療より…

【読書】欧州の事情と重なる日本の事情|「新・資本論」トマ・ピケティ

落ちこぼれMBA生です。どーも。 先日、教科書ガイド的に佐藤優氏の資本論の本を読んだばかりなので、他の切り口の資本論なども読みたいと思って手にしたのがこちら。トマ・ピケティ先生の新・資本論。 トマ・ピケティの新・資本論 作者: トマ・ピケティ,村井…

【読書】いい加減負のスパイラルから抜け出したい|「成功する人の妄想する技術」「あなたの脳のしつけ方」中野信子

落ちこぼれMBA生です。ども。 調子に乗ってMBA学ぶ大学院なんかうっかり入っちゃったものの、全く勉強できなくって前期半分落としました。おいおいこれ卒業できるのかよ、っていうかマジ休学して半年基礎学習したほうがいいんじゃね?っていうか半年休学した…

【読書】間違ってMBAなんか入っちゃった落ちこぼれに救いの手を|財務3表一体理解法・分析法

4月からMBA(経営学修士)のコースに通い始めました。 が、うっかりしておりました。 私、高校も大学もデザイン科で、経済・経営の「経」の字も知らずに入学しちゃったので、言わずもがな、前半の半期は全くもって惨憺たる結果に。卒業できるのか?これ。 MB…

【読書】社会学ってあるのは知ってるけども、っていう方に。|社会学入門

4月から大学院に入ったというのにその4月に仕事を辞め、7月から大規模イベントのお仕事に丁稚奉公で行き始めたら二拠点生活で継続するほど赤字が発覚して大焦りの40代未婚契約社員です。どうもどうも。 二拠点生活ならまだしも大学院への通学等々もあり、文…

【読書】大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる|高橋伸夫

「大学4年間が10時間でざっと学べる」シリーズ。 この春から経営学修士の大学院コースに通い始めたものの、フレームワークも財務諸表も全くわからず焦った上で手に取りました。 こういった行為を「泥縄」って言うんですよね、きっと。 大学4年間の経営学が1…

【読書】イスラーム化する社会 | 大川玲子

■イスラームについて 911やISなどの影響で、あまりいい印象をお持ちでない方も多いし(むしろ北朝鮮と同じくらいの勢いで)独裁的、禁欲的なイメージが強いイスラーム教かと思います。 ただ、私は偶然にも「元夫がモロッコ人で、ムスリムだった」という友人…

【読書】統計で見る現代日本|統計学が日本を救う(西内啓)

この春から大学院で経営学を学ぶことになりまして。 もうちょっと、苦手な数字分野に対しての考え方とか養わないとな、と思って読んだ1冊。新書なのであまり厚くもなく、またわかりやすい解説で一気に読めます。 統計学が日本を救う - 少子高齢化、貧困、経…

【読書】思いもよらぬ知恵を授かる|創造の方法学

まちづくりの狂犬、木下斉さんが「今ならKindleでやすいですよー」とご紹介されていてつい書籍を購入した1冊(本末転倒) 実際、どういったジャンルの本かは全然知らずにアマゾンのレビュー読んで購入決めてしまいました。ほら、アマゾンのサービスが開始さ…

【読書】ビットコインておいしいの?って思って買った | フィンテック

ブロックチェーン熱い! って数年目にはしていたんですが全く意味がわからず、また周辺でブロックチェーンのネットワークビジネスまで発生しており(笑)君子危うきに近づかず、で避けて通っていた仮想通貨とネット金融。 よく考えたらインターネットバンキ…

【読書】雇用形態のUX化 | ALLIANCE 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

「自社の購読必須図書として使用している」という企業CEOさんの発言をFacebookで見つけ、早速読んでみました。 ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用 作者: リード・ホフマン;ベン・カスノーカ;クリス・イェ,篠田真貴子;倉田幸信 …

【読書】話題のマーケティング本|USJを劇的に変えた、たった一つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門(森岡毅)

やっと読みました。 USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 作者: 森岡毅 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/04/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る もう1冊のこちらも読み途中なの…

【読書】レジリエンスとは何か|枝廣淳子

作者の枝廣淳子さんは「朝2時起きで何でもできる!」で20代の頃読んだことのある方。在職中に通信で大学に行き始めていたので、どうやって時間をつくろうかと考えていたときに見つけて、見習って実践してました。 4年制大学だったので課題もレポートもボリュ…

【読書】自分の半径5mから日本の未来と働き方を考えてみよう会議|出口治明・島澤諭

久しぶりにライフネット生命CEO、出口さんのご本です。内閣府の経済社会総合研究所、財務省財務総合政策研究所の客員研究員を兼務される元官僚の方との対談ということで、ものすごい難しい内容だったらどうしようとどきどきしながら開きましたが、対談形式で…

【読書】女子学生さんが読むといいと思う|Sheという生き方

R40になって気がつく「自分の価値観の持ち方」 図書館で何気なく、気晴らしの1冊として手に取りました。R40(アラウンド40)、2050年には日本の人口で一番多い世代になると言われている、団塊ジュニアの女性たちです。 帯には「女は考えなければ幸せになれ…

【読書】心を削らない働き方 ほんとうの自身を育てる6つのレッスン|山口由起子

久しぶりの読書日記です。 気がついたら本から遠ざかっていて、なんでこんなに読めないんだろう、興味も湧かないんだろうと自分でも不思議でしたが、このところ友人から次々と「自己評価低すぎ」「マインドロックでブレーキかけすぎ」と言われることが多く、…

【つぶやき】ワイヤーカット試作

何となく見つけてしまったコレ。 SUS303,304も加工できるなら試作の請負だけでもいろいろできるのでは? corobuzz.com そう考えると3Dプリンターの次に来る汎用機ってワイヤーカットかな(わくわく)

【読書】セレブダイエットは高品質高価格なバターと塩と。|シリコンバレー流最強の食事

このところの低気圧で偏頭痛もとまらず、すぐ風邪ひくし治らないし、やる気も出ないし、ということで諸々不安に感じることが多くなったこの年齢。 体力が落ちている分微妙な体調不良は仕方ないとしても、やる気が出ないのだけは仕事にも支障が出るし如何とも…

【読書】読書論それぞれ|「本を読む人だけが手にするもの」藤原和博・「ビジネスに効く最強の「読書」」出口治明

ちょうど読書が進まなかった時期に手に取った藤原和博さんの1冊「本を読む人だけが手にするもの」と、その後に本が読めるようになってきてからkindleで衝動買いした出口治明さんの「ビジネスに効く最強の「読書」」。 藤原和博さんは元中学校校長、出口会長…

【読書】もっと早く読めばよかった。スリランカの悪魔払い|上田紀行

読み終わったのは結構前なのですが、書き記すことも出来ないまま今に... スリランカの悪魔祓い (講談社文庫) 作者: 上田紀行 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/07/15 メディア: 文庫 クリック: 5回 この商品を含むブログ (3件) を見る 以前、株式会社エ…